ひかり法律事務所 評判はどうなの?ひかり法律事務所の口コミを掲載中!


司法書士法人杉山事務所 口コミ

ひかり法律事務所とアヴァンスを比較してみた

過払い金請求を検討しているあなたは、「ひかり法律事務所」と「アヴァンス法務事務所」のどちらに依頼をするか悩んでいませんか?

 

 

せっかく過払い金請求をするなら、少しでも安い費用で少しでも多くのお金を返してもらいたいですよね。ひかり法律事務所とアヴァンス法務事務所はいずれも過払い金請求を行っていますが、どちらのほうがおすすめなのでしょうか?

 

 

今回は2つの事務所を3つのポイントで比較するので、あなたの事務所選びの参考になれば幸いです。

 

 

過払い費用が安いのは?

 

過払い金請求をすれば、過去に払いすぎていたお金が手元に戻ってきます。このお金から過払い金請求にかかる費用が差し引かれるので、赤字になることはまずありません。しかし、少しでも過払い費用を抑えて、手元に戻ってくるお金を増やしたいと考えるのが普通ですよね。

 

 

ホームページの確認と電話での問い合わせを行い、それぞれの費用を以下の表にまとめました。

 

ひかり法律事務所の費用

着手金無料
報酬1社につき2万1600円
成功報酬回収した金額の21.6%
事務手数料3万2400円

 

アヴァンス法務事務所の費用(完済済み)

着手金無料
報酬1社につき5万円
成功報酬回収した金額の16%

 

 

 

一見するとアヴァンス法務事務所の5万円(税抜)の事務手数料が高めに感じますが、ひかり法律事務所も「報酬」と「事務手数料」を合計すると5万円(税抜)になります。残りの費用の「成功報酬」は、アヴァンス法務事務所のほうが16%と低く設定されていますね。

 

 

そう考えると、費用をなるべく安く抑えたいならアヴァンス法務事務所のほうが良いかもしれません。

 

 

弁護士と認定司法書士の違い

 

ひかり法律事務所には弁護士が在籍していますが、アヴァンス法務事務所には弁護士が在籍しておらず認定司法書士のみで過払い金請求を行います。弁護士であれば制限なく業務を行えますが、認定司法書士は一社あたり過払い金が140万円を超える依頼は、和解交渉を行えません。

 

 

もしあなたに140万円を超える過払い金が見込めるのであれば、弁護士も在籍しているひかり法律事務所をおすすめします。

 

 

あなたは完済済み?返済中?

 

あなたが借金を完済済みなら問題ありませんが、返済中の状態で過払い金請求を行おうとしているなら、ひかり法律事務所では依頼を断られてしまうかもしれません。

 

 

ひかり法律事務所は数年前までは債務整理も行っていましたが、現在では過払い金請求の依頼しか受けていません。借金の返済中に過払い金請求を行う場合は、返還されるお金は借金の返済にあてられますが、それでも借金が完済できない場合は「過払い金請求」ではなく「債務整理」の扱いになるのです。ひかり法律事務所は債務整理の依頼は受けていませんから、返済中だと過払い金請求の依頼を断られる可能性があるわけですね。

 

 

アヴァンス法務事務所は債務整理も行っていますから、完済中、返済中、いずれの場合でも依頼を受けてもらえるでしょう。

 

 

まとめ

 

過払い金請求をする場合のひかり法律事務所とアヴァンス法務事務所の違いを紹介しました。ここまでの話を簡単にまとめておきましょう。

 

  1. 過払い費用を抑えたいなら、アヴァンス法務事務所がおすすめ
  2. 過払い金が140万円以上見込めそうならひかり法律事務所がおすすめ
  3. 借金を返済中なら、アヴァンス法務事務所がおすすめ

 

「過払い費用を抑えたいのか」「借金が返済中なのか」という部分は自分で判断できますが、「過払い金が140万円以上見込めそう」かどうかはわかりませんよね。さいわい、ひかり法律事務所は直接事務所に足を運ばなくても、電話やメールであなたに過払い金がどのくらいあるかおおよその目安を無料で調べてくれます。

 

 

一度ひかり法律事務所で無料相談をして、あらためてどちらの事務所に依頼するか決めるというのも良いですね。あなたが満足できる条件で、過払い金請求を行えることを願っています。

ひかり法律事務所とアヴァンスを比較してみた
ひかり法律事務所とアヴァンスを比較してみた
とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。 ひかり法律事務所とアヴァンスを比較してみた
ひかり法律事務所とアヴァンスを比較してみた
とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。